コーヒーで旅する日本/九州編|明日も明後日も、毎日当たり前に飲めるコーヒーを。「Morrow珈琲」が郊外で愛される理由

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

全国的に盛り上がりを見せるコーヒーシーン。飲食店という枠を超え、さまざまなライフスタイルやカルチャーと溶け合っている。なかでも九州はトップクラスのロースターやバリスタが存在し、コーヒーカルチャーの進化が顕著だ。そんな九州で注目のショップを紹介する当連載。店主や店長たちが気になる店へと数珠つなぎで回を重ねていく。

小郡市の幹線道路の一つである七夕通り沿いにある「Morrow珈琲」。近くには人気ラーメン店、ベーカリーが点在

九州編の第83回は福岡県小郡市にある「Morrow珈琲」。2017年11月に実店舗を開業し、今や小郡市にある本店に加え、筑前町のガーデニングショップ内に「Green Cafe Morrow」、筑後市に「Little Morrow」と計3店舗を展開する人気ぶり。なにより市街地ではなく、郊外からコーヒーの魅力を発信し、3店舗を営むまでに規模を拡大していることがすごい。その人気の理由はなんなのか。原点に、店主兼ロースター・三宅淳司さんの「もともとコーヒーが嫌いだった」という経験があったことが大きいと感じる。“コーヒー嫌いが開いたロースタリー”。その人気の秘密に迫る。

店主兼ロースターの三宅淳司さん

Profile|三宅淳司(みやけ・あつし)
福岡県小郡市出身。大学卒業後、問屋営業を経験。自家焙煎珈琲専門店 伽楽との偶然の出会いから、コーヒーのおいしさに気付く。コーヒーが秘めたポテンシャル、おもしろさを自身がそうだったように多くの人に伝えたいと転職を決意。サラリーマンをしながらさまざまなコーヒーショップ、ロースタリーで学び、2015年に「Morrow珈琲」の屋号を掲げ、焙煎士として歩み始める。2017年11月、小郡市内に実店舗を開業。2018年9月にガーデニングショップ併設の「Green Cafe Morrow」、2021年4月に「Little Morrow」をオープン。今に至る。

コーヒーのおいしさに気付いてからは

自身の体験を多くの人に伝えたいとコーヒーの世界へ

三宅淳司さんはコーヒーの世界に足を踏み入れる前は、もともとサラリーマンで、スーパーマーケットやドラッグストアに商品を卸す営業職だった。休憩中などに缶コーヒーやインスタントコーヒーを飲むことはあれど、おいしいと一度も思ったことはなく、むしろ“コーヒーはおいしくない飲み物”という印象の方が強かったという。

それが変わったのは、職場の上司からふとしたときにもらった自家焙煎珈琲専門店 伽楽のコーヒーを飲んだとき。「今まで飲んでいたコーヒーとはなんだったんだ、というぐらい衝撃なおいしさでした。もともと私もスーパーマーケットやドラッグストアに商品を卸す仕事だったこともあり、こんなおいしいコーヒーを作ることができたら必ず売れる、と直感的に感じたんです」と三宅さん。

抽出理論もしっかり学んだ

それから三宅さんの心は一気にコーヒーに傾いた。仕事を続けながら、休みの日はコーヒーショップの手伝いをする日々。「そのときにお世話になったのが、伽楽の増田さん夫妻や前川さんでした。福岡市東区のNanの木さんにもコーヒー屋になるために必要なことなど、たくさんのアドバイスをいただきました。ちなみにNanの木の代表、芹口さんには『君だったらコーヒー屋として成功できると思う』と言っていただくなど、伽楽さん、Nanの木さん、そして佐賀のいづみや珈琲さんら業界の大先輩たちに、背中を力強く押していただいたのは大きかったですね。そのときにはすでに私の中でコーヒー屋になりたいという新たな目標ができていて、それを妻をはじめ家族みんなが支えてくれて、今があります」と、三宅さんは開業当時を振り返る。

当たり前に毎日飲める一杯を追求

2023年2月に半熱風式10キロの焙煎機を新たに導入。現在、5キロ、10キロの2台体制で焙煎

もちろん最初から順風満帆ではない。始めは小郡市の目立たない場所に小さな焙煎所を設けてのスタート。店舗として営業できる環境ではなかったため、移動販売をすることに決めた。「焙煎所なので豆を購入してもらうことが最終目標ですが、まずは飲んでもらうことが大切。幸運なことに同じ小郡市内にある人気ベーカリーの『パンネスト』さんの店頭でコーヒーを販売させていただけることになり、そこで約2年出店させていただきました。少しずつ名を知ってもらうことができ、ファンがついて…。おかげさまで店舗を構えることができたんです」

小郡の本店はカフェ利用OK。2階のカフェスペースでのどかな景色を見ながらのんびり

それが2017年11月のこと。「Morrow珈琲」の本格的な営業開始だ。三宅さんが目指したのは、自身も憧れ、惚れ込んだ、伽楽・Nanの木・いづみや珈琲のようにデイリーで通いたくなるコーヒー屋。特別や至福ではなく、毎日飲める一杯をとにかく追求し続けた。

ハンドドリップコーヒーは1杯550円〜。本日のコーヒーは330円とリーズナブルだ

三宅さんは「私はコーヒーの知識はゼロ、むしろおいしくないと思っていたぐらいなのでマイナスからのスタートと言ってもいいかもしれません。それでも偶然出合ったコーヒーの味わいに感動し、人生が変わりました。そこまで大げさじゃなくても、『ここのコーヒー、おいしいね』『また買いに行こうか』という気持ちになるようなコーヒーを焙煎したいと思いました。そのためには、わかりやすさをはじめ、お求めやすい価格帯は必須です」と説明する。

ふるさと納税の返礼品にもなっており、さとふるランキング 珈琲豆部門では2年連続1位に!

言葉通り、ハウスブレンドのMorrowブレンドは100グラム486円、地名を冠したおごおりブレンドやたなばたブレンドは100グラム594円など、リーズナブル。エチオピアのゲイシャ種、ゴールデンマンデリン グリーンフォレストといったプレミアムラインの豆でも100グラム864円〜だ。コーヒーは嗜好品とはいえ、毎日飲むもの。その思いが豆のラインナップや価格に表れている(価格は2023年11月時点のもの)。

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る