草彅剛「白い布に血が滲んでいくような変化にゾクゾクした」白石和彌監督最新作で“復讐に燃える男”に

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

白石和彌監督の最新作「碁盤斬り」で主演を務めた草彅剛さん。囲碁の達人で、武士の誇りをかけて“復讐に燃える男”を描いた本作。主人公の浪人・柳田格之進を演じた草彅さんに、白石組を経験して感じたことや共演者とのエピソード、さらに映画館の思い出などを語ってもらった。

映画「碁盤斬り」で主演を務めた草彅剛撮影=三橋優美子


格之進の持つ実直さや古くさいと言われる考え方には「現代にはない大事なものが隠されている」

――お話が来たときはどのような心境でしたか?

【草彅剛】基本的にオファーいただいた仕事はお断りしたことがないのですが、今回は白石和彌監督の作品だと聞いてすぐに「やります!」とお返事しました。 (香取)慎吾ちゃん主演の「凪待ち」や、役所広司さん主演の「孤狼の血」を拝見したときにすごい監督だと思っていましたし、なんとなく“おもしろい現場”なんだろうなと想像していたので即答でしたね。

――監督とご一緒してみていかがでしたか。

【草彅剛】すごく穏やかな方なので、バイオレンス要素のある「孤狼の血」みたいな映画を撮っている監督にはとても見えなかったです。あと、年が同じだからなのか、友達みたいな感じでフランクに接することができました。

【草彅剛】細かく役について話すというよりは、「ここはもうちょっと間をとってセリフを言ってみましょうか」みたいな感じで、大事なポイントだけを確認しながら撮影していましたね。スケジュール面でハードなときもあったのですが、すごく楽しい現場でした。

撮影=三橋優美子


――身に覚えのない罪をきせられたうえに妻も喪い、故郷の彦根藩を追われた浪人・柳田格之進という役をどんなふうに捉えて演じられたのでしょうか。

【草彅剛】武士の道理が大事なのかなんなのか、とにかくめんどくさい人ですよね。あまり共感できないというか、むしろ最初はちょっと嫌いでした(笑)。だけど撮影が進むうちに、格之進の持つ実直さや古くさいと言われる考え方には、現代にはない大事なものが隠されているんじゃないかなって、そんなふうに思えてきたんです。なので撮影終盤には格之進のことを“すてきな人だな”と思いながら演じていました。

主人公の浪人・柳田格之進を演じた草彅剛(C)2024「碁盤斬り」製作委員会


――格之進が囲碁を打つシーンがたくさんありましたが、どのぐらい練習されましたか?

【草彅剛】囲碁は今回初めて打ったので、まずルールを覚えるところから始めて、その後ひたすら打ち方の練習をしていました。まず石を取って、その石を回して人差し指と中指に挟んでからパチっと打つんですけど、実際にやってみるとけっこう難しいんです。

【草彅剛】でも格之進は囲碁が強いので、プロの棋士の方が見て不自然に感じないようにしなきゃと気合いが入りましたね。囲碁のシーンは手元に気をつけながらお芝居していました。

――囲碁のシーンでアップになったときの手元が美しくてドキドキしました。

【草彅剛】美しかったでしょ?(笑)。美しく見せるだけじゃなく、役の感情を乗せて一手を打っていたから、それがスクリーンを通してお客さんに伝わったらいいなぁ。

撮影=三橋優美子


いつもの白石監督作品とはエンジンのかかり方が違う「白い布に血が滲んでいくような変化にゾクゾクした」

――源兵衛役の國村隼さんとは何度も共演されていますが、本作の現場では國村さんとどんなお話をされましたか?

【草彅剛】國村さんが高倉健さん、松田優作さん、マイケル・ダグラスさんと共演した「ブラック・レイン」が好きで、本作の現場で「当時の撮影はどんな感じだったんですか」って質問したんです。そしたら國村さん優しいから「ブラック・レイン」の撮影秘話をたくさん聞かせてくださって。それがすごく興味深くておもしろかったですし、京都のおいしいご飯屋さんも教えていただいたりして、すごく幸せな時間でしたね。

【草彅剛】お芝居に関しては、國村さんが流れるようにセリフを話されるので、聞き入っているうちに自分のセリフの番が来て、“あれ?國村さんのセリフってもっと長くなかったっけ?”って焦るんです(笑)。それぐらいお芝居が自然なので、驚きつつも毎回感化されて、とてもいい感じに格之進を演じることができました。國村さんは俳優として憧れますし、粋でかっこよくて生き方がおしゃれで、本当にすてきな先輩です。

柳田格之進を演じた草彅剛と源兵衛を演じた國村隼(C)2024「碁盤斬り」製作委員会


――格之進と因縁のある武士・柴田兵庫を演じた斎藤工さんとの撮影はいかがでしたか?

【草彅剛】工くんも何度も共演しているので、心の底から安心してお芝居ができました。工くんが演じた兵庫は格之進が復讐心を燃やす相手なので、これまで共演してきたいろいろな作品の集大成というか、二人で築き上げてきたもの全部を格之進の感情に乗せてぶつけるように演じていました。

撮影=三橋優美子


――そのことは斎藤さんには事前に伝えてらっしゃったのでしょうか?

【草彅剛】いえ、僕が勝手に思っていただけですが、きっと僕のお芝居から工くんに伝わっていたんじゃないかなと思います。ここまで激しくぶつかり合うお芝居は初めてだったので楽しかったです。ただ、ひとつ思うのは、なんで工くんは現場でいつも落ち着いた雰囲気を醸し出しているのかなって。休憩時間に「この差し入れおいしそうだね!食べちゃおう!」って僕がはしゃいでいると、その横で工くんは「うまそうですね…」って静かに言うんですよ。

【草彅剛】僕のほうが年上なのに彼がお兄ちゃんみたいに感じるし、“なんでそんなに大人なの?”って思う(笑)。でも、そういう妙な対抗心っていうのかな、それが格之進のスイッチを押してくれたのかも。それに、彼は監督として映画を撮っているから、いい意味での緊張感もあったんですよね。工くんとはいつも以上に熱が入ったお芝居ができたように思います。

柴田兵庫を演じた斎藤工(C)2024「碁盤斬り」製作委員会


――完成した本作をご覧になってみていかがでしたか?

【草彅剛】最初のほうは囲碁を打っている穏やかなシーンやコミカルなシーンがけっこうあるんですけど、小泉今日子さん演じるお庚さんがだんだん厳しい一面を見せ始めて、格之進が兵庫への復讐心を燃やし始めたあたりから、いつもの白石監督作品とはエンジンのかかり方が違うなと感じて。なんていうか…白い布に血が滲んでいくような変化にゾクゾクしたんです。

【草彅剛】あと、囲碁での“静”の戦いと、殺陣のシーンでの“動”の戦いのバランスもめちゃくちゃいいなと思いました。古典落語をベースにした脚本だから話がわかりやすいし、程よくおかしみもあっておもしろい。僕の新たな代表作ができたと思います。

撮影=三橋優美子

  1. 1
  2. 2

この記事の画像一覧(全15枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る