このイベントは終了しました。福岡県の美術展・博物展の一覧はこちらからご確認ください。

絶望を覆すことができない恋を正義とせよ、きみが、死んでも残る花。

開催期間

2021年7月14日(水)~8月31日(火)
※休館日なし

開催時間
10:00~20:00

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • 出品作家の一人である最果タヒが、アルティアム閉館前最後となる本展に寄せて書き下ろした詩の一文
    本展メインビジュアル

  • 生と死という人間の根源的な問題に向き合う作家、塩田千春の作品
    塩田千春《DNAからの対話》2004年 日本美術技術博物館(ポーランド・クラクフ) Photo by Sunhi Mang (C) Chiharu Shiota and JASPAR, Tokyo, 2021

  • 淺井裕介は、マスキングテープに耐水性マーカーで植物を描く「マスキングプラント」など、条件の異なる場所においても作品を展開
    淺井裕介《空から大地が降ってくるぞ》2019年 WULONG LANBA ART FESTIVAL 2019(中国・重慶) (C) Yusuke Asai 画像提供:三菱地所アルティアム

アルティアム最後の展覧会は7名の作家によるグループ展

1989年の開館以来、“時代の新しい表現”を紹介する場所として、美術、デザイン、建築、文学、映画、演劇、ファッション、食など、幅広いジャンルの展覧会を開催してきた「三菱地所アルティアム」の、最後の展覧会「絶望を覆すことができない恋を正義とせよ、きみが、死んでも残る花。」。過去にアルティアムで展示し、さらなる活躍を続ける7名の作家によるグループ展となる。

見どころ

参加する7名の作家は、塩田千春、淺井裕介、潘逸舟、津田直、山内光枝、鹿児島睦、最果タヒ 。特に、現代美術においては、中堅作家の個展や地元作家の紹介に力を入れてきたアルティアムが、来場者それぞれが獲得した鑑賞体験が、各々の心に長く留まることを願って開催する。

[公式ホームページなど、絶望を覆すことができない恋を正義とせよ、きみが、死んでも残る花。の詳しいイベント情報を見る]

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

開催場所
福岡県の天気
本日31℃23℃
明日32℃23℃

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

混雑する時間の目安

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

最寄り駅のイベントを探し直す

最寄り駅の路線沿線からイベントを探し直す

  • 西鉄天神大牟田線
  • 福岡市営地下鉄七隈線
  • 福岡市営地下鉄空港線

エリアやカテゴリで絞り込む

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
時間別

ページ上部へ戻る