登録者数29万人!人気YouTuberかほなんに聞くソロキャンプ&山登りデビューの極意

東海ウォーカー

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア


山登りビギナーは、秋の低山でデビューがおすすめ


――ビギナーにおすすめの、山選びのポイントがあればお聞かせください。
【かほなん】一般的に名前が知られているような有名な山は、2000m級とか3000m級とかレベルが高い山が多く、かなり本格的な装備が必要なので、標高300〜1000mぐらいの級の低い山から始めるのがおすすめです。山頂には自動販売機やトイレがあるような、ある程度整備されている山からまずは選んで、ハイキング気分で楽しんでみてください。

――登山の前日にやっておくと良い準備はありますか?
【かほなん】結構、忘れがちなのですが、足の爪を切ること!下山の時、つま先に負荷がかかり続けるので、低山ハイキングでも痛みに耐えられなくなることがあります。あとは、低い山でもスニーカーではなく、登山靴で登るのがベスト。私も以前、痛みをこらえて下山していたものの、最後の舗装された緩やかな道でついに耐えられなくなって、後ろ向きでフィニッシュした苦い経験が…やっぱり、足元は大事ですね!

北アルプスで屈指の人気を誇る燕岳


――キャンプを楽しむ時に、かほなんさんが好きな季節はありますか?
【かほなん】私は暑ければ暑いほどテンションが上がる性格なので、とにかく夏のキャンプが好きです。昼間は川遊びもできるし、夜は気温が下がってすごく快適。実はゴールデンウィークや秋の連休より、夏休みの方がすいているキャンプ場も結構あるので、狙い目です。とはいえ、ビギナーやファミリーキャンパーの方には、やっぱり秋がベストシーズンだと思います。私みたいに、灼熱の太陽の下、汗を垂らしながら真夏に焚き火で料理をしていると、途中で「何やっているんだろう?私…」と思うこともあるので(笑)。少し肌寒い秋に「暖かいね」と言いながら火を囲む方が、無理なく楽しめるはず。逆に冬は、雪や寒さ対策の特別な装備が必要になるのでワンランク上がってしまいます。秋は紅葉もきれいなシーズンですし、まずは、ストイックなキャンプではなく、心から楽しめるアウトドアをぜひ体験してみてください。

――中部エリアで、ソロキャンプにおすすめのスポットはありますか?
【かほなん】ビギナーの方は設備の行き届いたキャンプ場で、まずはトライしてみるといいのではないでしょうか。キャンプ場だと周囲の人の目もあるので、アクシデントが起きた時も安心ですし、薪が足りなくなっても調達できる。ただし、秋冬に行くなら、標高の高い場所にあるキャンプ場は要注意です。山の寒さを知らないビギナーの方は、体調を崩しがちなので、標高が低い所にあるキャンプ場からチャレンジしましょう。あとは富士山が見たいとか、琵琶湖の近くがいいとか、好きな景観で選ぶと、思い出もより色濃くなりますよね。

ソロキャンプのレイアウト一例


  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!2024年の桜開花予想はこちら

ページ上部へ戻る