西蓮寺の紅葉

終了間近

11月下旬~12月上旬

場所
関東 茨城県 西連寺
  • 樹齢1000年を超えるイチョウを鑑賞
    画像提供:行方市観光協会

  • 西連寺の紅葉 画像(2/2)
    画像提供:行方市観光協会

樹齢1000年以上のイチョウの大木で境内一面が黄金色に

782(延暦元)年に創建されたとされる天台宗の寺院「西蓮寺」には、樹齢1000年以上で幹の周りが約8m、高さが約27mとされる2本の大銀杏の大木があり、見応えは十分。茨城県の天然記念物にも指定されており、見頃である11月下旬以降は境内一面が黄金色に染まる。地面はイチョウの葉でいっぱいになり、まるで黄色いじゅうたんが敷かれたような光景が広がる。大銀杏の隣には、天台宗のシンボルであり国指定重要文化財の「相輪塔」がある。

見どころ

境内にはモミジも植えられており、秋晴れの日は紅葉の黄色や赤、空の青というコントラストも楽しめる。

[公式ホームページなど、西蓮寺の紅葉の詳しいイベント情報を見る]

開催場所
茨城県の天気
本日10℃0℃
明日11℃3℃

※自然災害の影響を受けたエリアでは、道路の通行止めが発生したり、営業時間等が変更になっている場合があります。詳細は各施設・各スポットに確認の上、おでかけください。

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

茨城県イベントランキング

エリアやカテゴリで絞り込む

エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別

ページ上部へ戻る