第66回企画展「宇宙への挑戦」

開催中

2022年7月9日(土)~11月20日(日)
7月9日(土)〜9月11日(日)「seasonⅠ ~月に向かって~」、9月17日(土)〜11月20日(日)「seasonⅡ ~月よりも遠くへ~」※毎週月曜日休館(祝日の場合は翌日)。8月は無休

開催時間
9:30〜17:00 ※最終入館16:30

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • 人類が挑戦してきた宇宙への過去・現在・未来を分かりやすく展示

  • 他では見られない貴重な展示も目白押し

  • 隕石(マーチソン隕石)
    画像提供:群馬県立自然史博物館

人類と宇宙をめぐる過去・現在・未来を紹介する企画展

地球の誕生から生命の進化の歴史、群馬県の豊かな自然を紹介している群馬県立自然史博物館。第66回企画展では、会期を2期に分け、人類が月に挑戦した歴史とその成果を紹介する。地球、月、惑星、宇宙は、いつ、どのようにできて、どんな姿なのか。これらの謎を解くために、人類は宇宙を観測し、進出してきた。アポロ、ルナ、かぐや、あかつき、はやぶさ2、H3ロケット、ISSなど世界のロケット、人工衛星、探査機の歴史と技術と科学を通して、人類が目指す宇宙にせまる。

見どころ

「seasonⅠ ~月に向かって~」では、月の石や月の砂の展示、月探査機「かぐや」からの映像、船内作業服(アポロ17号 実物)などを紹介。また「seasonⅡ ~月よりも遠くへ~」では、はやぶさ2の模型とはやぶさ2が持ち帰った小惑星リュウグウサンプルのレプリカ、白萩隕鉄から作られた榎本武揚の流星刀の展示などを行う。期間中は、企画展に伴う講演会やワークショップ、天体観測会なども実施。※開催日等詳細は公式サイトを参照

[公式サイトなど、第66回企画展「宇宙への挑戦」の詳しいイベント情報を見る]

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスクorフェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

開催場所
群馬県の天気
本日28℃17℃
明日28℃16℃

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】群馬県 × 美術展・博物展

エリアやカテゴリで絞り込む

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
時間別

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る