【開館 55 周年記念特別展】 百花繚乱 ―華麗なる花の世界―

開催中

2021年4月10日(土)~6月27日(日)
【休館日】月曜 ※5月3日(祝)〜6日(木)は開館

開催時間
平日10:00~16:00 最終入館15:30  土・日・祝日10:00~17:00 最終入館16:30

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • 荒木十畝 《四季花鳥》
    1917(大正6)年 絹本・彩色 山種美術館

  • 田能村直入 《百花》(部分)
    1869(明治2)年 絹本・彩色 山種美術館

  • 小林古径 《蓮》
    1932(昭和7)年 絹本・彩色 山種美術館

  • 奥村土牛 《初夏の花》
    1969(昭和44)年 紙本・彩色 山種美術館

  • 山口蓬春 《梅雨晴》
    1966(昭和41)年 紙本・彩色 山種美術館 (C)公益財団法人 JR東海生涯学習財団

花の絵画で彩られた館内でアートなお花見を満喫

日本初の日本画専門の美術館である山種美術館。開館55周年を記念し、花を描いた華やかな絵画で館内を満開にする特別展「百花繚乱」を開催。本展では、近代・現代の日本画を中心に、横山大観の桜、山口蓬春の紫陽花、小林古径の蓮、速水御舟の椿など、四季を感じさせる花の名画を一堂に展示。今年も屋外で開放的なお花見が楽しめないものの、名だたる画家たちが描き継いできた百花繚乱の花の絵画に癒されたい。

見どころ

「百花の王」とも呼ばれ、東洋絵画で伝統的に描かれてきた牡丹。本展では、菱田春草や福田平八郎などが牡丹の花を表した作品を小特集として紹介。

[公式ホームページなど、【開館 55 周年記念特別展】 百花繚乱 ―華麗なる花の世界―の詳しいイベント情報を見る]

【新型コロナウィルス感染拡大予防対策につきまして】

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスクorフェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒or検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウィルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

開催場所
東京都の天気
本日25℃19℃
明日23℃16℃

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

【開館 55 周年記念特別展】 百花繚乱 ―華麗なる花の世界―の関連記事

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】東京都 × 美術展・博物展

東京都イベントランキング

おでかけ・旅行に関する動画

エリアやカテゴリで絞り込む

5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
時間別

ページ上部へ戻る