このイベントは終了しました。東京都の美術展・博物展の一覧はこちらからご確認ください。

あやしい絵展

開催期間

2021年3月23日(火)~5月16日(日)
前期:3月23日(火)〜4月18日(日)  後期:4月20日(火)〜5月 16日(日) ※月曜・5月6日(木)休館、ただし3月29日(月)・5月3日(祝)は開館

開催時間
9:30〜17:00(最終入館16:30) 金・土9:30〜20:00(最終入館19:30)

※イベントが中止・延期になっている場合があります。また、イベントの開催時間や施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。

  • 上村松園《焔》※正式表記は旧字体
    大正7(1918)年、東京国立博物館、東京展のみ出品(展示期間:3月23日(火)~4月4日(日))

  • 甲斐庄楠音《横櫛》
    大正5(1916)年頃、京都国立近代美術館(通期展示)

  • 上村松園 《花がたみ》
    大正4(1915)年、松伯美術館(後期展示)

  • 水島爾保布 《谷崎潤一郎『人魚の嘆き・魔術師』(春陽堂、大正8年)挿絵》
    大正8(1919)年、弥生美術館(後期展示)

  • 高畠華宵 《『少女画報』 大正14年8月号 表紙》
    大正14(1925)年、弥生美術館(前期展示)

一度見たら忘れられない、美しくもあやしい名画を紹介

神秘的で不可思議、グロテスクでエロティッック、退廃的でミステリアス・・・。そんな美しいという言葉だけでは表現できないあやしい魅力に満ち溢れた作品を紹介。幕末から昭和初期に制作された絵画、版画、雑誌や書籍の挿絵図等から、よりすぐりの“あやしい絵”を展示する。歌舞伎などの大衆娯楽や西洋から影響を受けた文芸の存在、個性・自我の尊重、新しい女性の出現、社会の底辺層への眼差しなど、単に作品を鑑賞するだけでなく、作品の生まれた背景から伺えるその時々の社会、文化の諸相も実に興味深い。

見どころ

会場では、作品に描かれている物語や作品の成り立ちがわかる絵謎解きを用意。「あやしい」絵の謎を、展覧会を見ることによって解き明かすことができる。前期・後期それぞれ期間限定の展示作品もあり。

[公式ホームページなど、あやしい絵展の詳しいイベント情報を見る]

【新型コロナウィルス感染拡大予防対策につきまして】

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスクorフェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒or検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウィルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

開催場所
東京都の天気
本日25℃19℃
明日23℃16℃

※イベントの開催情報や植物の開花・見頃期間、施設の営業時間等は変更になる場合があります。

※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。詳細につきましては、施設および店舗・主催者および運営者へお問い合わせをお願いします。

タグ・カテゴリ

【本日開催イベント】東京都 × 美術展・博物展

東京都イベントランキング

おでかけ・旅行に関する動画

エリアやカテゴリで絞り込む

5月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
エリア
季節のイベント
祭り
食べる・買う
文化・芸術・スポーツ
趣味・生活
その他
条件
施設条件
タグ
目的別
時間別

ページ上部へ戻る